未分類

10年落ちで10万キロオーバーの軽自動車で買い取り価格あるの?

更新日:

 

新しい車欲しいですけど、今の軽自動車を下取りに出しても価値がないですよね・・・
カモくん
ワシ
どうしてそう思うのですか?
もう10年落ちで10万キロオーバーなので・・・
カモくん
ワシ
ちょっとまった! 諦めてはいけませんよ。

 

車の寿命は10年や走行距離は10万キロと言われていますね。

古すぎる車や走行距離が多い車は日本では価値がないとされていますので、廃車にするしかないなんて思っていませんか?

 

しかし、諦めてはいけません。

10年落ち古い軽自動車や走行距離10万キロオーバーの車での査定してくれる場合があります。

ではなぜ廃車になるようなボロボロの車でも売れるのか、その中でも高額が査定がつく車の特徴などについて解説します。

 

10年落ちや10万キロオーバーのでも高額で買い取られる理由

 

10年落ちや走行距離10万キロオーバーの車は価値がないとされています。

しかし、中には15年落ちの車や走行距離20万キロオーバーの車でさえも価値がある車があることも事実です

 

日本では10年落ちや走行距離10万キロオーバーはボロボロで廃車扱いされることがありますが、そのような車でも買い取ってもらえる理由がありますので紹介します。

 

新車で買うことができない絶版車

 

絶版になった軽自動車は希少価値があるので売れます。

これは年式に関係なく高額な査定が付けられます。

最近ではスポーツカーの軽自動車やターボ付きのMTがこれに当てはまります。

しかし、このような車でも状態に左右されることがあるので注意してください

 

パーツだけでも価値がある車

軽自動車にはパーツだけでも価値がある車があります。

スポーツカーやSUVは趣味性が高い車種でカスタムベース車としても需要があり走行距離が多めでも価値が落としにくいです。

 

軽自動車でも補修部品として利用価値が高いので事故車でも価値が0になりにくいです。

ワシ
パーツとして売るノウハウがある買取業車なら価格がつくということですね。

 

海外で人気が高い車

10年落ちや10万キロオーバーの車が価値がないとされているのはあくまでも日本の基準です。

海外ではそのようなことがなく普通に乗られていることがあります。

 

そのため、海外輸出向けの商用車は走行距離や修復歴の有無、内外装に関係なく

日本の中古車は人気

ですので高値で取引されます。

 

海外に売るノウハウがある買取業車なら高値で高額査定をしてくれるでしょう

 

10年落ち10万キロオーバーで高額査定してもらえる車とは

 

10年落ちや10万キロオーバーの軽自動車でも高額査定してくれる場合があります。

・フルモデルチェンジ前の車

・状態がいい車

・人気の車種

・人気の色

このような車は高額査定されやすいです。

それでは一つずつ解説します。

 

フルモデルチェンジ前の車

車のモデルチェンジには「フルモデルチェンジ」と「マイナーチェンジ」の二つがあります。

メーカーや車種で異なりますが、2年〜6年周期でモデルチェンジすることが多いです。

 

特にフルモデルチェンジとなると人気が集中しますので、旧型モデルが売れにくくなります

 

そのためフルモデルチェンジ前に売る方が高額な査定がつきやすくなります。

10年落ちでも今の車種がフルモデルチェンジする情報が入ったらその前に売るといいでしょう。

ワシ
タイミングが合えばいいのですが、情報は仕入れておくといいでしょう。

 

状態がいい車

 

メンテナンスがしっかりして状態が良い車は高額査定になりやすいです。

修復暦がない軽自動車でも10年落ちになると故障のリスクは高くなります。

 

どれだけ大切に乗ってきた車でもパーツは劣化します

状態が良いというのはパーツの状態が良いということです。

ワシ
どんな車でも状態が悪いと査定額は下がります。
定期的にメンテナンスをした方が良いのですね。
カモくん

 

定期的にメンテナンスを行なっている車であればパーツの状態が劣化することが少なく、少しでも高く売れます。

そのため、メンテナンスは定期的に行なっておくと良いでしょう

 

人気の車種

人気の車種というのはほんの一握りですが、人気の車種は高額査定されます。

同じ年式、同じ走行距離でも人気車種なら査定額に大きく差がつきやすくなります

中古車としての価値が下がらないことから10年落ちや10万キロ超えでも人気の車種なら高額な査定がつきやすくなります。

 

人気の色

人気の色の場合は高額査定がつきやすくなります。

人気の色とは白や黒のモノトーンカラーです

パールホワイトも人気の色です。

 

中古車では人気の色の方が売れやすいことから高額査定がつきやすいということになります。

 

また、白や黒のモノトーンカラー以外にもその車のイメージカラーやカタログカラーは人気です。

ワシ
例えばフェラーリなら赤ですね。

 

軽自動車の場合はターゲット層によっては異なります。

例えば女性向けとして売られているタントはピンクやブラウンの方が人気なので高額査定がつきやすいです。

 

ポイント

高額査定される重要なポイントは、リセールバリューしやすいことが言えます。

つまり、中古車として売れやすい車が高額査定になるということです。

 

下取りよりも買取を

 

ここまで10年落ちや走行距離10万キロオーバーでも売れることがお分かりいただけたと思います

今の軽自動車を売ろうと考えた時には下取りよりも買取がおすすめです。

その理由について解説します。

 

下取りだと0円になる

新しい車を購入する時に今の車を売って購入費用に回したいですよね。

その方法として下取りと買取の二つがあります。

しかし、10年落ちや走行距離10万キロオーバーの軽自動車では下取りで査定が0円になることが多いです

 

下取りの場合はディーラーがその車で利益を出す手段を持っていないことが理由です。

逆に廃車にするために費用が出てしまう場合があります。

 

買取の場合はよっぽどでない限り価格がつきます

廃車のための費用が出るということはほぼありません。

それは買取業車が買い取った車で利益を得る手段があるからです。

 

買取業車の利益は、買い取った車をリセールすることです。

また、買取業車によっては海外に売るルートがあったりパーツで売るという手段もあります。

そのため下取りで0円と言われても買取業車なら価格が着くということです

 

一括査定なら高額買取を期待できる

車を売る時には下取りよりも買取の方がおすすめです。

買取では自分で買取業車に持って行くよりも一括査定がおすすめです。

 

一括査定でお願いすれば、高額査定がつきやすくなります

 

一括査定では複数の買取業車に同時に査定してもらう形になります。

まずはその中で最も高く査定してくれたところに売ることで特になりますね。

また、買取業車同士で争ってもらって買取価格をあげてもらうこともできます

 

買取業車に自分で持って行くと10年落ちや走行距離10万キロオーバーの場合では思うような査定をつけてくれないことがあります

 

それはその車を売る手段を持っていないからですね。

 

しかし、一括査定の場合は10年落ちや走行距離10万キロオーバーの軽自動車でも売る手段を持っている買取業車なら高額査定をつけてくれやすくなります

例えばパーツで売る手段があったり海外に販売するルートがあるなどですね。

先ほども解説した通り、日本の中古車は海外で人気です。

 

つまり、買取業車が10年落ちや走行距離10万キロオーバーの軽自動車でもリセールバリューする手段があれば価格が着くということです。

 

まとめ

10年落ちや走行距離10万キロオーバーでも買取価格があります。

新しい車を買おうとして下取りで査定が0円だとしても買取業車なら査定で価格がつきます

絶版な車やパーツに価値がある場合、海外で人気がある車などは高額で査定されます。

 

このように10年落ちや走行距離10万キロオーバーでも売れる理由はひとえに買取業者がリセールバリューするノウハウを持っているかどうかです。

10年落ちや走行距離10万キロオーバーでも状態がよければ日本でも買い手がつきますし、海外では日本の中古車が人気なので買取業車も利益が出せます

以上のことから10年落ちや走行距離10万キロオーバーの軽自動車でも買取で価格が着くということになります。

-未分類

Copyright© 愛車の下取額UPのために無料1分でまず一括査定がミソ|カーレポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.