未分類

中古車の売却時に必要な書類。住民票、印鑑証明、車庫証明、車検など

更新日:

 

車の売却には買取業車に提出する書類を事前に用意しないといけません。

その理由は車は大切な資産なので手放すには法的な手続きが必要だからです

買取店が用意する書類もいくつかありますが、自分が用意しなくてはいけない書類もあるケースもあるので売却の前に確認した方がいいです。

この記事では車の売却に必要な書類と紛失した場合の再発行や、結婚や住所変更で変わる書類について解説します。

この記事でわかること

・車の売却に必要な書類

・必要書類の発行方法や再発行

・姓や住所が変わった場合に必要な書類

 

車の売却時に必要な書類は普通自動車と軽自動車で異なる

 

車を売却しようと考えている場合に必要書類は早めに用意して確認した方が良いです。

その前に普通自動車の売却と軽自動車の売却とでは必要書類が異なるのでそれぞれ紹介します。

 

普通自動車を売却に必要な書類一覧

普通自動車の売却で必要な書類は以下の通りです。

・自動車検査証(車検証)

・印鑑登録証明書

・自賠責保険証明書

・自動車納税証明書

・実印

・振込口座情報

・リサイクル券

結構多いですね。
カモくん
ワシ
車は資産だから法的手続きが必要なので簡単にとはいかないのですよ。

 

軽自動車の売却に必要な書類

軽自動車の売却に必要な書類は以下の通りです。

・自動車検査証(車検証)

・自賠責保険証明書

・軽自動車税証明書

・印鑑

・振込口座情報

・リサイクル券

普通自動車と同じところもあれば違うものあるのですね。
カモくん
ワシ
車検と保険、税金の証明書共通していますよ。

 

自動車検査証(車検証)・普通自動車と軽自動車売却に共通

自動車検査証は自動車の所有者や車を運転するために必要な検査通していることを証明するものです。

この自動車検査証(車検証)がないと車の売却ができません。

車検時以外ではほとんど触れない書類ですが、重要な書類なので用意しましょう。

 

《紛失した場合》

自動車検査証を再発行しましょう。

お近くの陸運局(運輸局・支局)を探して手続きを行います。

車検証は即日で再発行されます。

時間がない場合は車検証代行サービスもありますので利用していましょう。

費用は約3000〜5000円程度です。

 

印鑑登録証明書・普通自動車の売却

印鑑登録証明書は捺印した印鑑が市区町村に登録されている実印であることを証明するための書類です。

普通自動車の売却には3ヶ月以内に発行された印鑑証明書が必要になります。

地域によって異なりますがおよそ300円ほど手数料ですぐに発行してもらうことができます。

ワシ
軽自動車の売却には必要ないですよ。

 

自賠責保険証明書・普通自動車と軽自動車の売却共通

車を運転する際には自賠責保険の加入が義務付けられています。

自賠責保険の期限が過ぎている状態だと名義変更ができないので車の売却をすることができません。

頻繁に出し入れしない書類なので多くの場合はダッシュボードのグローブボックス内にある車検証入れに車検証と共に入っていると思います。

 

《紛失してしまった場合》

自賠責保険証を紛失してしまった灰は、再交付しましょう。

再交付は保険会社に連絡して相談します

どの保険会社か忘れてしまった場合は任意保険に入っている保険会社に連絡してみると良いでしょう。

それでもわからない場合は車を購入したディーラーへ連絡してみましょう。

 

普通自動車の売却は自動車納税証明書・軽自動車は軽自動車税証明書

毎年4月〜5月にかけて支払う自動車税を納めた時にもらう証明書です。

もしも納めていない場合は、未納分を支払わないと売却することができません

1年分の自動車税をまとめて支払うので、売却後に未経過分の自動車税は還付してもらえます。

 

軽自動車の同様に軽自動車税証明書が必要になります。

売却時に忘れずに提出しましょう。

 

《紛失してしまった場合》

・普通自動車は税事務所へ問い合わせてください。

・軽自動車は市区町村役所にと言わせてください。

 

実印・普通自動車の売却

車の購入時にも必要ですが、売却時にも実印は求められます。

印鑑証明書と併せて提出するのでセットで考えていた方が良いです。

自動車の名義変更を車買取店に依頼してもらう時のインんじょうや譲渡証明書に必要です。

 

印鑑・軽自動車の売却

軽自動車の場合は普通自動車のような自沈ではなく認印で大丈夫です。

これはシャチハタ以外の印鑑です

普通自動車とは違い印鑑証明書は必要ありませんが必ず持っていきましょう。

 

振込口座情報・普通自動車と軽自動車売却の売却に共通

車を売却した後に振り込んでもらう口座情報が必要です。

キャッシュカードや貯金通称など振込先がわかるものを持っていきましょう。

愛車を売却したお金を振り込んでもらうためにも必ず持っていきましょう。

 

リサイクル券・普通自動車と軽自動車売却の売却に共通

リサイクル券は自動車リサイクル法で定められている料金を支払っていることの証明をする書類です。

こちらも頻繁に出し入れする書類ではないので車検証と一緒に車検証入れに入っていると思います。

車種によってはリサイクル料金を預託していないケースもありますが、一般的には新車・中古車問わず預託金を支払っているので、リサイクル券も売却時に提出しましょう。

 

結婚や住所変更で必要な追加書類がある

 

普通自動車と軽自動車の売却に必要な書類は上記の通りです。

しかし、結婚して姓が変わっている方や住所変更している方など状況に応じて追加書類が必要な場合があります。

あなたが当てはまっているかどうか確認してみてください。

 

車検証の住所と現住所が異なる場合が車の売却に住民票が必要

車検証に記載されている住所と現住所が異なる場合は住民票が必要になります。

住民票には現在の住所に加えて以前住んでいた住所も記載されているので、車検証の持ち主であることを証明できる書類と言えます

ワシ
印鑑証明書の発行と共に申請すると楽ですね。

 

車検証の住所から2回以上引っ越している場合は車の売却に戸籍の附票が必要

車検証に記載されている住所から2回以上引っ越している場合は戸籍の附票が必要です。

その理由は住民票は一つ前までの住所の記載しかないからです。

2回以上引っ越している場合で住民票だと車検証の持ち主だと証明できないので戸籍の附票で車検用の持ち主であることを証明する必要がありますので注意してください

 

結婚や離婚で車検証の姓が異なれば車の売却に戸籍謄本が必要

車検証に記されている情報は住所のみ確認されるものではありません。

結婚や離婚をして姓が変わって車検証に記されている名義が異なるケースもあります。

名義変更をしている場合は戸籍謄本で車検証の持ち主であることを証明する必要がありますのでお近くの市区町村の役所で戸籍謄本を取得しておいてください。

 

用意しておくと売却の際に特をする書類

これは絶対に必要な書類というわけではないのですが、車の売却時に用意しておくとお得になる書類があります。

・車の取扱説明書

・整備記録簿

この二つの書類があれば売却の際にプラス査定してくれるケースがあります。

 

車の取扱説明書があると、その車の利用法がわかりやすいので大変便利です。

そのためプラス査定されるケースがあります。

 

整備記録簿あメンテナンスシートと呼ばれるもので、人間で言うところの履歴書や病院のカルテみたいなものです。

整備記録簿があればこれまでどのような整備や点検を行なっていたのか記載されている正式な書類になります。

信用力が上がりますので買取業者からすれば安心します

買取凝視は買い取った後に整備やメンテナンスをして再度売却するので整備記録簿があれば売りやすくなります。

場合によっては整備やメンテナンスをする必要がなくそのまま売却することも可能になるので、手間やコストも省けることからプラス査定になりやすくなります

 

まとめ

自動車売却で必要な書類は普通自動車と軽自動車で異なります。

《普通自動車売却に必要な書類》

・自動車検査証(車検証)

・印鑑登録証明書

・自賠責保険証明書

・自動車納税証明書

・実印

・振込口座情報

・リサイクル券

 

《軽自動車売却に必要な書類》

・自動車検査証(車検証)

・自賠責保険証明書

・軽自動車税証明書

・印鑑

・振込口座情報

・リサイクル券

 

結婚や離婚、住所変更で車検証に記載されている情報と異なる場合は戸籍謄本や住民票が必要になります。

 

また、車の取扱説明書や整備記録簿を持っていくとプラス査定になるケースもありますので大事に保管して持っていくと良いでしょう。

-未分類

Copyright© 愛車の下取額UPのために無料1分でまず一括査定がミソ|カーレポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.