豆知識

車のバッテリー交換になる寿命の目安と走行距離と充電方法

投稿日:

車のバッテリー寿命の目安

 

車を運転していてバッテリーの交換が必要になる寿命が気になる事はないでしょうか。

電飾など多くつけていたり、長年利用しているとそろそろ寿命かもと思ってしまう事もあるでしょう。

ワシ
車のバッテリーが寿命になる年数とか走行距離の目安をあらかじめ知っておくと良いですよ。
交換が必要になる兆候も知っておきたいです!
ヒヨコちゃん

 

車のバッテリーの寿命がきて突然バッテリーが上がったら仕事や生活に支障が出ますね。

それを未然に防ぐためにもバッテリーの定期的な交換が必要です。

 

この記事では車のバッテリー交換の目安と充電方法について解説します。

 

車のバッテリー交換の目安

車のバッテリー交換の目安

 

バッテリーは運転い仕方や使用方法によっても劣化の進行は進みます。

バッテリーには当たり外れもありますので長く持つものもあれば普通より持たないものもあります。

そのため、とりあえず平均寿命を知っておくと良いでしょう。

 

基本的なバッテリーの交換時期

通常の車のバッテリーの交換は2年〜5年が目安です。

特別大きな消費を伴う電飾品などがなければ3年は持つと言われています。

 

新品のパッケージも保証期間を3年としているものが多く、高級品は5年の保証をしているからもその時期を目安に交換されるのが良いでしょう。

 

ただし、電飾品が多かったり大きな電気を使うものを装備している場合はこれより短い期間で交換される事をおすすめします

 

エンジンの始動が悪くなったり電飾品の明るさや動作に以上を感じた場合はバッテリーの交換のサインが出る事もあるでしょう。

目安の期間に達していなくても交換や点検をされる事をおすすめします。

 

ココがポイント

どんなバッテリーにも寿命があります。

 

充電性制御やハイブリットバッテリーの交換時期は2年

充電性制御やハイブリットバッテリーの交換時期の目安は2年です。

 

充電性制御機能のついた車は余分な充電を控えるように80%程度の受電で充電器は中断します。

これによって余分な抵抗値等を無くして燃費の向上につとめているのですがバッテリーには負担があります

 

特に冬場はバッテリーは寒さで80%の能力しか発揮できません。

80%の充電をしたバッテリーで80%の機能しか発揮できていないのは64%の能力しか発揮できない事になります

 

すぐにバッテリーが上がる不安があるので専用のバッテリーが積まれていることが多いので確認して専用のバッテリーを積んでください。

 

車のバッテリー交換が必要になる走行距離の目安

車のバッテリー交換が必要になる走行距離の目安

 

一般的に車のバッテリー交換の目安の走行距離が気になりますね。

バッテリー交換の目安となる走行距離は2〜8万キロまでと幅広いです

保証期間では2万キロの表示が多いです。

 

バッテリーは使わなくても劣化する

バッテリーの保証期間は最低でもこれくらいは持つだろうという目安です。

一般的には走行距離よりも時期を目安にした方が良いと言われています

 

その理由はバッテリーは使わなくても劣化していく商品だからです。

 

使いすぎても消耗するのがバッテリーですが使わなすぎても劣化が進行します

 

適度の充放電しないとバッテリーの寿命を縮める事になります。

このような理由からもバッテリーの交換は時期を目安にした方がいです。

 

車のバッテリーの充電方法

バッテリーの充電方法

 

車のバッテリーを充電する方法は次の3通りです。

車を走行させる

専門業者に依頼する

充電器を使う

それぞれについて解説します。

 

車のバッテリーを充電させる走行距離

車のバッテリーは走行させる事で充電します。

上がってしまったバッテリーを充電する走行時間は最低でも30分は必要とされています

また、時速50キロくらいの速度を保ちながら走行する事で効率よくバッテリーが充電されます。

 

室内のオーディオなど不要な電気を極力使わずに走行した場合のバッテリーは約2時間〜3時間あれば満タンに回復すると言われています。

 

専門業者に依頼する

エンジンがかかる状態であれば車を走行させ充電が可能ですが、バッテリーが上がってしまうと車を走行させることができません。

そんな時はカーディーラーや整備工場げバッテリーの充電を依頼しましょう

 

長期間の仕様でバッテリーが劣化すると充電効率が低下して十分な充電が期待できない可能性がありますので、その場合は新しいバッテリーに交換する事をおすすめします。

 

充電器を使う

バッテリーの充電は充電器とバッテリープラグをつなぐ事で直せる充電できる機器です。

車用のバッテリー充電器はカー用品店やホームセンター、インターネットショップなどで購入できます。

 

バッテリーの受電きはいくつか種類があるため、購入時には容量や電圧に注意しましょう

 

乗用車のバッテリー電圧は12V、トラックなどの大型車のバッテリー電圧は24Vです。

 

車のバッテリー交換時期と感じる目安

車のバッテリー交換時期と感じる目安

 

車のバッテリーは時期を目安に交換がおすすめですが、先ほど解説した通りにバッテリーには当たり外れがありますので、早めに交換する必要がある場合があります。

その場合の目安となるポイントがあります。

また、バッテリーの寿命を伸ばすポイントも合わせて解説します。

 

バッテリーの寿命を知るポイント

バッテリーの寿命がつかくなった時の症状を知るポイントを紹介します。

エンジンをかける時のキュルキュルといったセルモーターの回転音が鈍くなる

パワーウィンドウの動きが遅い

ヘットライトが暗い

天板にバッテリー液が漏れている

バッテリー本体が膨らんでいる

バッテリー端子付近に粉が噴いている

このような症状が出たらバッテリーを早めに交換する事をおすすめします。

 

バッテリーの寿命を伸ばす4つのポイント

バッテリーの需要を伸ばすポイントは4つあります。

定期的に運転をする

電気の無駄遣いを避ける

バッテリー延命装置を使用する

極端に気温の低いところでは運転しない

以上の4つのポイントに注意すればバッテリーを長持ちさせることができます。

 

定期的に運転をする

バッテリーは走行中に充電されますのでエンジンをかけてない状態が多いと自己放電によって充電はどんどん減っていきます、

最低でも週に1回は運転するように心がけてください。

 

電気の無駄遣いを避ける

車はライト、カーナビ、オーディオ機器、スマートフォンの充電など電気を消耗する電子装置がたくさんあります。

車をあまり運転していない状態で使用しすぎるとバッテリーの消耗は激しく、寿命を縮める事になります。

 

バッテリー延命装置を使用する

バッテリーの寿命を伸ばすためのバッテリー延命装置というものが販売されています。

安いもので3000円ほどで購入できます。

 

使用上の注意としては、週に1回程度しか乗らない場合には逆にバッテリーの上がりを起こしてしまうことがありますので日常から運転する機会が多い方におすすめです

 

極端に気温の低いところでは運転しない

バッテリーの寿命は気温に大きく影響します。

バッテリーのは「電解液」という液体が入っていて、気温が極端に下がってしむと電気容量自体が下がってしまいます。

そのため、気温の低いところで運転し続けるとバッテリーの寿命を縮める原因になってしまいます。

 

 

まとめ

車のバッテリーの交換時期の目安は一般的に2年〜5年です。

ただし、バッテリーには当たり外れがありますので少しでも不安に感じる兆候がありましたら早めに交換する事をおすすめします

 

バッテリーの交換の目安となる走行距離は2万〜8万キロで、保証期間は2万キロとされているものが多いです。

しかし、バッテリーは走行距離よりも時期を目安に交換するのがいいでしょう。

 

車を運転しなさすぎてもバッテリーの寿命を早める事になりますので、定期的に車を運転させる事をおすすめします。

 

-豆知識

Copyright© 愛車の下取額UPのために無料1分でまず一括査定がミソ|カーレポート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.