車を売る時の疑問

【レッドブック】には何が掲載されている?見方や内容について

更新日:

 

業者間で査定額を出すために「レッドブック」というものが使われていました。

このレッドブックというものを聞いたことがるでしょうか?

実は私は最近までこの存在を知らなかったです。

 

レッドブックを簡単に解説しますと、車種別に中古車の価値を民間企業者が調査して掲載しているものです。

車の査定を依頼する時に、

・レッドブックにはどのような事が書いてあるのか

・レッドブックはどう脳に使われているか

気になる事でしょう。

この記事ではレッドブックとは何か、見方や内容について解説します。

 

レッドブックとは何か?何が掲載されているの?

画像引用元:レッドブック

 

レッドブックは「有限会社オートガイド」と言う東京の企業が発行しているものです。

この有限会社オートガイドはレッドブックの発行を専門としている企業で、この事業だけで60年間も運営している老舗企業です。

レッドブックの正式名称は「中古車価格月報」と言い、中古車市場の価格情報を月単位で公開しています。

 

レッドブックに書かれている内容

レッドブックは中古車の価格だけが書かれるものではありません。

それだけならそれほど重要ではないですからね。

レッドブックに書かれている内容はこちらです。

・中古車販売価格

・下取り価格

・卸売価格

・中古車小売価格

・マイナーチェンジ時期

・仕様

・形式

以上が各メーカー・車種別に記載されています。

ワシ
レッドブックのページはほぼ文字だけになっていて、ページ数は7,800ページ程あるよ。

端的に上記の特徴を文字でズラ~と並んで書かれているんだ。

 

レッドブックは書店には売られていない

レッドブックに下取りや卸売の価格が書かれているなら、中古車を売ったり買ったりする時に役に立つと思いますよね。

是非とも欲しいところなのですが、実はレッドブックは街にある書店では購入できないものになっています。

オートガイド者のウェブサイトからでしか手に入りません。

ワシ
あまり個人には知られたくない内容だからなど考えてしまいますね。

 

一般人でもレッドブックは買える?

レッドブックは業者間での販売のようなイメージが強い感じがして、一般人は手に入らないのではないのか気になりますね。

実はレッドブックは一般人でも購入可能です。

注文は可能ですが、60年以上の歴史を持つ自動車価格月報業界(自転車・損保。法曹・官公庁など)のプロ用と注意書きがあります

 

レッドブックの注文方法はオートガイド社のウェブサイトにある通り、

・PDFファイルを印刷してFAX

・電話

以上の二つです。

どうしても欲しいと思うのなら状態の良い中古車を見つけた時や、本当に価格が適正か気になるときに手に入れると良いかもしれませんね。

 

レッドブックの価格

レッドブックが一般人でも購入できることはわかりましたが、価格がいくらなのか気になるところですね。

レッドブックは一つの本ではなくて区分けがされています。

全てをまとめてレッドブックと呼ばれているものですが、それぞれ価格が異なります。

書籍名 金額(年額) 備考
商用車(トラック・バス) 7,800円 隔月(奇数月)
国産乗用車 10,800円 毎月
軽自動車・二輪車 4,700円 隔月(奇数月)
輸入自動車 7,200円 隔月(奇数月)
全シリーズ 27,000円
国産車シリーズ 22,000円

これが高いのか安いのかは感覚になってしまいますね。

価格は年額なので定期購読という形になります。

その月に一回だけとは行かないので注意してください。

 

レッドブックの見方

 

レッドブックを手に入れた場合にどうのように見れば良いかわからないですよね。

値段も決して安いものではありませんので、あらかじめどのように見たら良いのか知っておきましょう。

 

レッドブック内の用語

レッドブック内には用語がありますのでそれぞれ紹介します。

何となくでも知っておけば読むことに苦労しなくてすみます。

 

中古車価格・掲載期間

ここに表記されている掲載期間内の中古車価格が載っています。

裏を返せば、この期間外の価格はレッドブックには掲載されていません。

 

価格内容

下取り」「」「小売り」と記載のあるもは、その価格が掲載されています。

保険対象価格」と記載のあるものは、その車の保険の対象金額が掲載されています。

 

中古車価 下取千円

車を下取る際の金額で、金額は千円単位です。

 

中古車価格 卸売千円

車を仕入れる際の最低金額です。

オートオークションではこれを下回る金額で出ることはほぼありません。

 

仕様

主に駆動方式・排気量・グレード・乗車人数が記載されています。

車のカタログと同一の内容です。

 

認定型式

エンジンの型式が記載されています。

カタログと同一です。

 

通称型式

認定型式に数字や英字が足されたもので、これを見ることでグレードがわかるようになります。

 

類別区分番号

ここにある数字が車検証にあれば、改造等がされていないということになります。

 

新車発売当時 千円

発売当時の価格。千円単位です。

 

中古車小売 千円

中古車の最低小売価格です。

これを下回る価格で販売されることはないです。

ワシ
レッドブックは新聞や競馬情報誌、会社四季報などのように余計な言葉は省略してポイントだけ書かれているイメージ。

しかし、見ればすぐ要点は感覚的にわかるのでレッドブックはかなり役立つ!

 

レッドブックをどう見るのか

レッドブックを手に取ってもどうしていいかわからないなんてこともあります。

レッドブックを見るときは、目的をはっきりさせる事が大切です。

中古車を買いたいのか売りたいのかでも異なります。

買いたい場合は小売りと価格を見ます。

売りたいなら下取りの価格を見ます。

形式がわからない場合は車検証を見ればわかりますので確認してみてください。

 

レッドブックの閲覧方法と他の本との違い

 

レッドブックは購入した後ダウンロードではなく郵送で送られてきます。

つまりレッドブックは購入後に定期的に冊子として送られてくる事で閲覧できます

業者だけでなく誰でも入手できるものです。

ただし、レッドブックは注意書きにあるようにプロ用です。

レッドブック以外にもイエローブックとシルバーブックがあります。

 

レッドブックとイエローブックの違い

レッドブックはプロ用とされていて、民間企業が中古車相場をリサーチした上で発行して利益を得ているものです。

車業界にはもう一つ「イエローブック」があります。

イエローブックは日本自動車査定協会(JAAI)が月に1回発行している冊子で、レッドブックとほぼ同じ内容の中古車取引価格情報がまとめられています。

こちらは加盟業者への提供のみで市販は一切されていません。

つまりイエローブックは一般人は入手や閲覧は不可です

 

プロ用のレッドブックとイエローブック、一般向けはシルバーブック

車業界にはもう一つ、「シルバーブック」というものが存在します。

レッドブックとイエローブックをプロ用とするのならシルバーブックは一般向けの参考資料です。

シルバーブックは簡単に無料で閲覧できます。

 

ただし、シルバーブックが中古車の販売相場しか記載されていません

下取り価格や卸売相場については一切調査できないものです。

 

レッドブックの使い方とは

 

レッドブックはプロ用としての本です。

では誰だどのようにして使うためのものなのか気になるところですね。

レッドブックを使うのは、

・中古車買取店

・中古車販売店

・損害保険会社(自動車保険)

・法律事務所

・官公庁

このような業者です。

中古車関係はわかりますが他はなぜ必要なのでしょうか?

また、一般人には本当に必要なものなのかについて解説します。

 

損害保険会社がレッドブックを必要とする

損害保険会社の中でも自動車保険を扱う会社はレッドブックをほぼ使っています。

理由としては、自動車の価値を知りいくエアまでなら車両保険として支払っても許容なのかということを知るバロメーターとなっているからです。

 

購入した時よりも車の価値は下がっていきますので、保管金額も下がっていきます。

購入金額を車両保険の設定にしても、それはあくまでも上限金額で保険金額ではないということです。

その車がレッドブックで100万円だと記載があれば車両保険は100万円までしか入ってこないということになります。

 

法律事務所でもレッドブックを必要としている

法律事務所では主に交通事故の裁判の時に使われている事が多いです。

相手が無保険の状態であったり相手方保険会社の金額に納得できない場合は弁護士に依頼して法廷で決着をつけるということになります

自分の車の価値をしっかりと示すことで妥当な金額を勝ち取る事ができるようです。

 

官公庁でもレッドブックを必要としている

官公庁は公用車が多くありますが、この公用車は全てが新車であることではないです。

程度のいい中古車に「○○市役所」というような文字を入れて公用車として利用する事があります。

頻度としてはそこまで多くないので官公庁での活躍はそこまで大きくないです。

 

一般人にレッドブックは必要?

レッドブックは一般人に必要なのでしょうか?

実はそこまで必要ではありません。

中古車の価格情報はインターネットでタイムリーに知る事ができますし、買取の査定でもレッドブックはそこまで大きな参考材料にはなっていません

レッドブックを購入して買取査定の交渉に利用すすよりも、一括査定をして買取業者が競い合った方が車は高く売れます。

つまり、一般人からすればレッドブックは無用なものと言えます。

 

まとめ

レッドブックの正式名称は「中古車価格月報」と言い、中古車市場の価格情報を月単位で公開しています。

レッドブックに書かれている内容はこちらです。

・中古車販売価格

・下取り価格

・卸売価格

・中古車小売価格

・仕様

・形式

以上が各メーカー・車種別に記載されています。

 

レッドブックは一般書店には売られておらず、注文方法はオートガイド社のウェブサイトにある通り、

・PDFファイルを印刷してFAX

・電話

以上の二つです。

費用は年額で定期購読の形になり郵送されます。

月単位での購入はできないので車を売るための交渉として購入を検討している場合は無用だと言えます。

-車を売る時の疑問

Copyright© 愛車の下取額UPのために無料1分でまず一括査定がミソ|カーレポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.